クラブの活動内容紹介

サロン21

「サロン21」の公開に当たって

 「サロン21」は、企業OBペンクラブのプロジェクトの一つです。21世紀が抱える諸問題をさまざまな視点から見つめ、会員相互で自由な討議を重ねております。2013年4月からは「日本の目指すべき方向」という大きなテーマを据えて、一年間を通して同じテーマを継続して考えてみることとしました。各月ごとに小テーマを設けて議論の拡散をとどめつつ討議を重ねております。
 なお、テーマを選択した背景については『日本の目指すべき方向 敗戦から百年後(2045年)の日本のあるべき姿』をご参照ください。

 従来、「サロン21」は、あくまで仲間内の自由な討議を尊重するという考え方から非公開で行ってきましたが、対外的に発信することで議論に一層の自覚と緊張がでる事を期待してこのほど公開に踏み切らしていただきました。
 限られた時間内の議論で、必ずしも明確な方向性が打ち出せているわけではありませんが、上記の各回の担当者より提出された資料と各回の議事録を閲覧に供します。
 敗戦後六十数年を経過して、幸いにも、日本は豊かでこの上なく便利な国になりました。しかし、その一方で何か大きなものを失っているのではないか、日本の伝統や文化は保守できるのか、次の世代に残すべき日本の姿はどんなものか、などといった思いの幾ばくかでも閲覧していただく方々に訴えかけることができれば望外の喜びです。
 なお、内容はあくまで参加した会員の自由な討議を掲載しているもので、企業OBペンクラブの公式な見解ではないことをお断りしておきます。

作品を閲覧する

作品の閲覧